鶴岡八幡宮のイチョウ

Last edited on 2019/01/17 (木) - 21:04

2010年3月10日未明、鶴岡八幡宮の大銀杏が強風で倒れる。樹齢1000年と言われていた。倒れた木は3つに分割され根元は元の場所のすぐ脇に移植された。元の場所に残った根から新しい芽が出てきて大切に育てられている。

2012/04/21 (土) - 15:59 - 鶴岡八幡宮のイチョウ c鶴岡八幡宮のイチョウ

2012年4月21日:ほんの30cmくらい。

2013/01/26 (土) - 15:04 - 鶴岡八幡宮の新しいイチョウ c鶴岡八幡宮の新しいイチョウ

2013/01/26 (土) - 15:09 - 鶴岡八幡宮の新しいイチョウ c鶴岡八幡宮の新しいイチョウ

2013年1月26日:1mくらいになっていた。

2013/01/26 (土) - 15:09 - 鶴岡八幡宮の古いイチョウの切り株 c鶴岡八幡宮の古いイチョウの切り株

2013年1月26日:すぐ脇にある古いイチョウ。

2015/12/19 (土) - 23:16 - しばらく見ない間にかなり大きくなっていた。
c鶴岡八幡宮のイチョウ

2015年12月19日:3mくらいに大きくなった。

2016/10/30 (日) - 16:03 - 鶴岡八幡宮 c鶴岡八幡宮

2016年10月30日:もう5mくらいあるんじゃないだろうか。

2017/09/03 (日) - 14:46 - しばらく見ないうちにイチョウがかなり大きくなった
c鶴岡八幡宮

2017年9月3日 : 順調に伸びている。

2018/10/06 (土) - 16:35 - こんなに大きくなりました
cイチョウ ー 鶴岡八幡宮

2018年10月6日: こんなに大きくなりました。