ビャクシンの木

鎌倉のお寺を歩いているとときどきビャクシンの木を見かけます。ビャクシンはいろいろな種類があるようですがお寺に植わっているのはイブキと呼ばれる幹が太い高木です。
ビャクシンは建長寺が有名ですが、どこのお寺にあるのか調べてみました。鎌倉市のページを見ると、建長寺、円覚寺、浄智寺、寿福寺、大慶寺、成福寺、浄光明寺、そして鶴岡八幡宮のビャクシンが天然記念物として指定されています。 Read more about ビャクシンの木

片瀬八ヶ寺

私の評価: 
1

龍ノ口法難の後、龍口寺が建てられましたが、1886年まで龍口寺には選任住職がおらず、片瀬腰越八ヶ寺と呼ばれる八つのお寺が輪番制で維持管理していました。これら八つのお寺はいずれも江ノ電の腰越駅、江ノ島駅の周辺にあります。いずれも小さなお寺です。 Read more about 片瀬八ヶ寺

ページ

鎌倉の寺院を歩く RSS を購読